PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】金本監督続投より急務! 藤浪&高山の再生プラン、球団総力で策定&実行せよ

Messenger

 早急に球団と現場が一体となった2人の再生プランが練られるべきですね。どうして故障もしていないのに藤浪は2軍のマウンドからも遠ざかっているのか。なぜ高山の打撃はここまで崩れたのか。メンタル面を含めた分析が急がれます。そして、ダメな部分は組織的に矯正すべきです。そこを放っておいて、金本監督が3年目のシーズンに臨んでも結果は目に見えています。

 糸井や糸原の故障などでチームは窮地です。でもよく考えてみてください。藤浪と高山が投打でしっかり頑張っていれば何も怖くなかったはずです。2人の再生は来季以降にもつながる重大案件です。  =続く(毎週日曜に掲載)

植村徹也(うえむら・てつや) 植村徹也(うえむら・てつや)  1990(平成2)年入社。サンケイスポーツ記者として阪神担当一筋。運動部長、局次長、編集局長、サンスポ特別記者、サンスポ代表補佐を経て産経新聞特別記者。阪神・野村克也監督招聘、星野仙一監督招聘を連続スクープ。ラジオ大阪(OBC)の月~金曜日午後9時からの「NEWS TONIGHT いいおとな」、土曜日午後6時半からの「ニュース・ハイブリッド」に出演中。「サンスポ・コースNAVI!」ではゴルフ場紹介を掲載、デジタルでも好評配信中。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ