PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】金本監督続投より急務! 藤浪&高山の再生プラン、球団総力で策定&実行せよ

Messenger
阪神の金本知憲監督=甲子園球場(吉澤良太撮影) 
阪神の金本知憲監督=甲子園球場(吉澤良太撮影) 

 阪神球団が総力をあげて取り組むべき問題は藤浪&高山の再生プランです!! 阪神の坂井信也オーナー(69)はシーズン途中の7月14日、金本知憲監督(49)に続投要請を行いました。阪神本社や球団首脳は今季終了後に2年契約が切れる金本監督に来季以降も指揮を委ねる方針に揺らぎはありません。しかし、藤浪&高山の2人が現状の成績では誰が監督であっても、来季以降の見通しは暗いままです。球団と現場が一体となった再生プランこそが急務であり、金本阪神を支える礎になるはずです。

■前半戦終了あわせ坂井オーナーが続投要請…ただし

 シーズン途中の異例の続投要請でしたね。球宴休みの7月14日、坂井オーナーは甲子園球場隣の球団事務所を訪れ、金本監督と約1時間、会談しました。前半戦の戦いを振り返り、後半戦への激励を行っただけではなく「来シーズンのことをお願い致しました」と来季続投を要請したことを明らかにしました。

 「こっちは意気に感じてやるだけです」

 金本監督はオーナーの続投要請に対して前向きな姿勢を示しました。同席した四藤球団社長は具体的な契約内容には触れていないことを明らかにした上で「これから話し合っていきます」と語ったのです。

 そもそも2015年のシーズンオフ、和田豊前監督の退任を受けて、監督就任要請を行った際に阪神側は最低でも5年の長期契約を望みました。2005年以来、リーグ優勝に届かない状況を踏まえて、「外部の大物選手を補強してチーム造りを行うのではなく、自前の若手選手を育てて骨太のチームにしたい」という新たな方針を打ち出しました。そうした構想の中で金本監督にチーム造りを託したのです。

 育てながら勝つ-という難しいテーマを掲げたわけで、球団側は「時間がかかるのは当然。長期契約をお願いしたい」と持ちかけたのですが、金本監督自身が2年契約を希望したのです。契約期間は単純2年で、今季終了後に契約が切れる状況でした。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ