産経WEST

ウナギ、今年はややお手頃に 「土用の丑の日」2回到来、大阪の百貨店など商戦活況

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ウナギ、今年はややお手頃に 「土用の丑の日」2回到来、大阪の百貨店など商戦活況

きれいに焼き上がったウナギ。今年は2回の「土用の丑の日」で盛り上がりをみせそうだ=大阪市阿倍野区の近鉄百貨店本店 きれいに焼き上がったウナギ。今年は2回の「土用の丑の日」で盛り上がりをみせそうだ=大阪市阿倍野区の近鉄百貨店本店

 7月25日、8月6日と今年は2回訪れる「土用の丑の日」を前に、ウナギ商戦が盛り上がりをみせている。近年は価格の高騰が続いていたが、今年は養殖用の稚魚漁が好調で仕入れ値が下がっており、ややお手頃な価格で味わえそうだ。

 大手スーパーのイオンでは、国産ウナギのかば焼き(140グラムサイズ)が1922円。昨年より1割ほど安い。6月の売り上げは前年比で1割増えたという。

 価格が下がったのは、昨秋以降、稚魚の水揚げ量が比較的多かったためだ。大阪中央卸売市場では、愛知県産ウナギは昨年7月に1キロ5千円超の取り引きもあったが、今年7月は4千円前後と1~2割下落。日本鰻輸入組合(東京)によると、中国産など輸入ウナギも1キロ3千円以下と前年比で2~3割安い。

 近鉄百貨店本店(大阪市阿倍野区)は19日からウナギ商品を拡充。昨年より2割増の売り上げ目標を掲げる。背開きで蒸してから焼く関東風の「菱富 鰻弁当(上)」(2700円)、腹開きで焼く関西風の「うな源 紅白重」(3240円)などが売れている。

続きを読む

このニュースの写真

  • ウナギ、今年はややお手頃に 「土用の丑の日」2回到来、大阪の百貨店など商戦活況
  • ウナギ、今年はややお手頃に 「土用の丑の日」2回到来、大阪の百貨店など商戦活況
  • ウナギ、今年はややお手頃に 「土用の丑の日」2回到来、大阪の百貨店など商戦活況

「産経WEST」のランキング