産経WEST

【関西プチ遺産】大阪最古の木造建築「孝恩寺観音堂」…地元では「木積の釘無堂」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西プチ遺産】
大阪最古の木造建築「孝恩寺観音堂」…地元では「木積の釘無堂」

大阪府内最古の木造建築物「孝恩寺釘無堂」=大阪府貝塚市 大阪府内最古の木造建築物「孝恩寺釘無堂」=大阪府貝塚市

 『和泉名所図会』(1796年)には「木積(こつみ)観音 木積村にあり。行基菩薩(ぼさつ)、畿内に四十九院を建給ふ時、其材木を和泉国木嶋(このしま)の杣山(そまやま)より出す。当境は其木を積置く所也。此ゆへに、木積といふ。観音寺に、行基みつから作り給ふ観世音を安す。」とあり、観音寺と本尊の由来を記す。一方、地元では観音堂を「木積の釘無堂(くぎなしどう)」と呼んでいる。釘無堂と呼ばれるのは、建物に釘が使われていないためである。

 観音寺は平安時代初期までは七堂伽藍(がらん)がそろっていたようであるが、その後、度々の戦火に巻き込まれ、ついには天正13(1585)年、豊臣秀吉による紀州根来寺(ねごろでら)攻めの際に、この観音堂以外の全ての建物が消失してしまった。

 『貝塚市史』によれば、観音堂は桁行(けたゆき=正面)、梁間(はりま=側面)とも42尺4寸(約12.85メートル)の、寄棟造(よせむねづくり)の建物。観音堂は建築様式から鎌倉時代の建築と認められており、大阪府内最古の木造建築物で、国宝に指定されている。建物が古いだけでなく、堂内には本尊の阿弥陀如来坐像(平安時代)をはじめ、19件の仏像などが重要文化財に指定されている。

 観音堂(釘無堂)は、元は観音寺という寺の観音堂であった。しかし、観音寺は明治22(1889)年に廃寺となってしまい、大正3(1914)年に隣接する孝恩寺(こうおんじ)が観音堂を合併し、今日に至っている。

 車で行くのもいいが、水間鉄道に乗り、終点の水間観音駅から1キロ半ほどの里道を伝い、釘無堂に向かうのも一興である。(伊藤純)

「産経WEST」のランキング