産経WEST

奈良・十津川村のダム遺体は6年前の紀伊半島豪雨の行方不明者

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


奈良・十津川村のダム遺体は6年前の紀伊半島豪雨の行方不明者

 奈良県警は21日、同県十津川村の風屋ダムで6月30日に見つかった遺体が、平成23年9月に発生した紀伊半島豪雨で行方不明となっていた同県五條市大塔町宇井の団体職員、中西麻紀代さん=当時(37)=と判明したと発表した。紀伊半島豪雨の行方不明者が見つかったのは23年10月以来。これで豪雨による同県内の死者は15人、行方不明者は9人となった。

「産経WEST」のランキング