産経WEST

ナースコール未設置は「高齢者虐待」…特養老人ホーム「認識なかった」と釈明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ナースコール未設置は「高齢者虐待」…特養老人ホーム「認識なかった」と釈明

 三重県伊賀市西山の特別養護老人ホーム「福寿園」が一部の入所者に対してナースコールを設置していなかったとして、市が高齢者虐待防止法に基づく虐待行為に当たると認定したことが21日、県などへの取材で分かった。

 県などによると、園には高齢者ら約100人が入所。そのうち32人に対し、ナースコールが設置されていなかったり、ベッドから手の届かないところに置いたりしていた。厚生労働省の基準では原則として入所者1人ずつに設けるとしている。

 外部から「あざがある人がいる」などと通報を受け、市が5月に立ち入り調査し判明、県に報告した。

 園は「ナースコールを必ず設置しなければならないとの認識がなかった。コードが入所者の体に引っかからないようにするためでもあった」と釈明。現在では全員に設置した。

「産経WEST」のランキング