産経WEST

新発見のあの“ラジオ塔”前でラジオ体操 子供たちに“三文以上の得”? 「知らなかった…。大事にしたい」 東大阪・大和公園

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


新発見のあの“ラジオ塔”前でラジオ体操 子供たちに“三文以上の得”? 「知らなかった…。大事にしたい」 東大阪・大和公園

ラジオ塔の前でラジオ体操をする地元の子供たち=21日午前、東大阪市中小阪の大和公園 ラジオ塔の前でラジオ体操をする地元の子供たち=21日午前、東大阪市中小阪の大和公園

 今年4月に確認された大和公園(大阪府東大阪市)の「ラジオ塔」の前で21日早朝、確認されて初めてのラジオ体操が行われ、子供たちの元気な声が響いた。

 ラジオ塔は昭和初期まで地域の人々に情報を伝える“街頭ラジオ”の役割を担い、全国に約460基あったとされ、現在は34基が確認されている。

 参加した同市立小阪小6年の浦野太一君(11)は「知らなかった。貴重なもので大事にしたい」と話話していた。子供たちには三文以上の得になったようだ。

このニュースの写真

  • 新発見のあの“ラジオ塔”前でラジオ体操 子供たちに“三文以上の得”? 「知らなかった…。大事にしたい」 東大阪・大和公園

「産経WEST」のランキング