産経WEST

【九州北部豪雨】豪雨被害額、1千億円超に 福岡・大分、全容つかめず

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【九州北部豪雨】
豪雨被害額、1千億円超に 福岡・大分、全容つかめず

三連水車に続く用水路をふさぐ流木の撤去作業=20日午前、福岡県朝倉市 三連水車に続く用水路をふさぐ流木の撤去作業=20日午前、福岡県朝倉市

 九州北部の豪雨による福岡県内の被害額が約828億円に上ることが20日、県関係者への取材で分かった。大分県の被害額と合わせれば豪雨の被害総額は1千億円を超える。被災自治体は復旧・復興に向けた国の支援を一層求める。

 福岡県は19日までに確認した河川・道路施設や農林業などの被害状況を踏まえ額を算出。土木施設など一部で依然被害の全容がつかめておらず、被害額はさらに増えるとみられる。

 福岡県では河川施設が最も被害額が大きく約336億円。道路施設は約196億円、農林水産業関連も約138億円だった。

 大分県は18日、県内の被害額が少なくとも206億円に上ると発表している。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング