産経WEST

【九州北部豪雨】「こんなときだからこそいつも通りに祭を」安泰祈念し、天領・日田の歴史刻む祇園祭、22日から

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【九州北部豪雨】
「こんなときだからこそいつも通りに祭を」安泰祈念し、天領・日田の歴史刻む祇園祭、22日から

日田祇園祭に向けた準備が進む豆田下町地区の山鉾=16日、大分県日田市 日田祇園祭に向けた準備が進む豆田下町地区の山鉾=16日、大分県日田市

 大分県日田市で22、23の両日、伝統行事「日田祇園祭」が開かれる。今月初めの記録的豪雨から2週間。市内は甚大な被害を受け、亡くなった関係者もいる。「自粛」の声も上がるが、祇園祭は疫病や風水害を払い、安泰を祈る神事。関係者は「こんなときだからこそ、いつも通りにやろう」と、準備に力を入れる。(高瀬真由子)

祭どころではないが…

 江戸時代の街並みが残る観光地・豆田町。猛暑日となった16日、汗をぬぐいながら山(やま)鉾(ぼこ)に人形を乗せる男たちがいた。

 「今年は、みんな出てくるわけにはいかん。なんとか、本番に間に合えばいいが」。豆田下町山鉾振興会の波多野平会長(71)は厳しい表情で、作業にあたった。

 豆田下町は花月川の氾濫で、85戸のうち60戸が床上浸水などの被害を受けた。被災した住民は、片付けに追われる。波多野氏も経営する店舗が浸水し、再開できていない。

 波多野氏は「くたびれるし、少し休みたいという気持ちもある。でも、大変な中、祭りに多くの人が寄り合い、頑張ってくれる。励みになる」と話した。

亡くなった消防団員・山本さんを悼み

 日田を盛り上げる祇園祭は今回、特に注目を集めていた。昨年、曳山行事が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されたからだ。

 今年5月、登録された九州4県の山鉾が一堂に集まるイベントが福岡市内であった。日田の山鉾は、歌舞伎などの名場面を題材とした人形が乗り、絢爛(けんらん)豪華さを特色とする。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング