産経WEST

【インフラ再考】迫りくる崩壊(4)「身の丈にあう」水道管 サイズを小さく、負担を軽く

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【インフラ再考】
迫りくる崩壊(4)「身の丈にあう」水道管 サイズを小さく、負担を軽く

240年→大幅短縮

 神戸市は老朽化する水道管の交換を加速させようとしている。阪神大震災で甚大な被害を受けた自治体だけに、防災への意識も強い。

 今年3月には、更新のペースをこれまでの年間20キロから、平成31年に2倍の40キロに延ばす方針を発表した。埋設された約4800キロにわたるすべての水道管を更新するのに、240年かかると試算されていたが、大幅に短縮させる。

 スピードアップができると判断したのはなぜか。その理由のひとつについて、神戸市水道局の林一平事業部長は「ダウンサイジング(小規模化)の効果」による工事費用の削減をあげる。

割安製品を採用

 28年まで5年連続で人口が減った同市では今後、郊外を中心に水道水の需要も拡大せず、かつてほど太い口径の水道管はいらなくなるとみられる。そこで、水道管を交換する際は、できるだけ細いサイズに変えることにした。

 例えば、200ミリだった水道管の直径を100ミリや75ミリに細くする工夫だ。4月からの工事では、積水化学工業が製造した50ミリの水道管も採用した。

続きを読む

インフラ再考のニュース

このニュースの写真

  • 【インフラ再考】迫りくる崩壊(1)老朽化「いずれ橋は落ちる」20年後、7割が建設50年超

「産経WEST」のランキング