産経WEST

【九州北部で大雨】災害ごみ受け入れ始まる 家具、流木…、福岡・朝倉市

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【九州北部で大雨】
災害ごみ受け入れ始まる 家具、流木…、福岡・朝倉市

福岡県朝倉市の仮置き場に積み上げられた災害ごみ=9日午後 福岡県朝倉市の仮置き場に積み上げられた災害ごみ=9日午後

 福岡県朝倉市で9日、九州豪雨で発生した災害ごみの受け入れが始まり、市が設置した仮置き場には住民らが次々と泥まみれの家具や流木を運び込んだ。

 仮置き場は市内3カ所に設置。うち一つのリサイクルセンター周辺では朝から住民の乗った車が列をなし、棚や冷蔵庫、畳などが運び込まれた。

 被災者の片付けを手伝う市内の会社員、矢野浩二さん(48)は「1回で2時間ほど並び、これで3往復目。敷地に入り込んだ粘土状の泥をかき出す作業が大変で、人手が足りない」と疲れた表情を見せた。

 市の担当者は「過去にないような被害で、ものすごい量が集まるだろう。他にも仮置き場を確保したいが、道路の寸断などで厳しい」と話す。

 大分県日田市では7日から校区ごとに収集を始め、市内2カ所の仮置き場に運び入れている。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング