産経WEST

「百貨店で勝手に買い物」暗証番号を電話機で打ち込ませ…70代女性が特殊詐欺被害

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「百貨店で勝手に買い物」暗証番号を電話機で打ち込ませ…70代女性が特殊詐欺被害

 和歌山県警和歌山西署は5日、和歌山市に住む70代の女性が銀行協会をかたる男にキャッシュカード3枚をだましとられ、40万円を出金される被害に遭ったと発表した。同署は特殊詐欺事件として捜査している。

 同署によると、同日午後1時50分ごろ、女性の家に男から「クレジットカードの情報が漏れ、百貨店で買い物されている。キャッシュカードを渡してください」などと電話があった。キャッシュカードの暗証番号を電話機のボタンで打ち込むように指示され、女性は入力。その後、自宅に訪れた銀行協会をかたる男にキャッシュカード3枚を渡したところ、同市内の現金自動預払機(ATM)で現金計40万円を出金されていたという。

 県警捜査2課によると、この日、同市内では他にも「百貨店で勝手に買い物されている」という電話が3件確認されているという。

「産経WEST」のランキング