産経WEST

【強毒ヒアリ】ヒアリに刺されると強い痛み、死亡のケースも 世界10カ国以上に分布

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【強毒ヒアリ】
ヒアリに刺されると強い痛み、死亡のケースも 世界10カ国以上に分布

 国内で初確認されたヒアリの女王アリ個体(環境省提供)  国内で初確認されたヒアリの女王アリ個体(環境省提供)

 南米原産で強い毒を持つ「ヒアリ」が5月以降、神戸、名古屋、大阪の各港で見つかりました。

 Q 他のアリとの違いは。

 A 体長2・5~6ミリで、赤茶色です。主に公園や農耕地など、開けた草地に直径25~60センチのドーム状の巣(アリ塚)を作り、集団で活動します。これほど大きな土の巣を作る在来種はいません。刺されると、やけどのような強い痛みを伴い、うみが出ます。

 Q 刺されたらどうなるの。

 A じんましんが出たり、アレルギー反応で呼吸困難となり死亡したりすることもあります。蜂の毒と共通の成分を含むため、蜂に刺されてアレルギー反応があった人は注意が必要です。海外では症状が軽い人もいました。刺されたら20~30分は安静にし、容体が悪化したら、すぐに病院へ行く必要があります。

 Q それらしいアリを見つけたらどうすれば。

 A 攻撃性が高いため、アリや巣に近づくのは危険です。自治体や、近くの地方環境事務所に連絡してください。

 Q なぜ今、日本に。

 A 南米から分布が広がり、現在は米国、マレーシア、オーストラリア、台湾、ニュージーランド、中国など10カ国以上で侵入を許しています。

 Q どうやって日本に入ってきたの。

 A 中国などの港で積まれた貨物に紛れ込み、日本の各港に到着後、上陸したとみられます。

 Q 対策は。

 A 女王アリがいれば繁殖でき、いったん広まると、駆逐は困難です。環境省などは「早期発見・早期駆除」を掲げ、各地の港で警戒を強めています。特定外来生物にも指定されています。

 Q特定外来生物って。

 A 海外から日本に侵入すると、従来の生態系に被害を及ぼしかねない生物です。ヒアリやアライグマなど計132種類が指定されています。

「産経WEST」のランキング