産経WEST

国内初の確認か 殺人アリ「ヒアリ」の女王…巣を作り1日に千個以上の産卵も アスファルト亀裂から発見 大阪・南港 

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


国内初の確認か 殺人アリ「ヒアリ」の女王…巣を作り1日に千個以上の産卵も アスファルト亀裂から発見 大阪・南港 

 国内で初確認されたヒアリの女王アリ個体(環境省提供)  国内で初確認されたヒアリの女王アリ個体(環境省提供)

 大阪南港(大阪市住之江区)で強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」が新たに確認された問題で、付近で駆除したヒアリは女王アリとみられるものを含め約100匹に上る可能性が高いことが4日、環境省への取材で分かった。

 環境省によると、6月29日に住之江区内の倉庫に搬入された中国・香港からのコンテナで、毒を持つ別の外来種「アカカミアリ」が確認され、同30日に周辺を調査した結果、アスファルトの亀裂でヒアリがまとまった状態で見つかった。

 殺虫剤などで駆除し、約10匹を捕獲した上、7月3日に女王アリとみられる1匹を含む死骸約50匹を回収。地中に残ったものを含め計約100匹がいたとみられる。生きたヒアリは確認されていない。

 ヒアリは働きアリで体長約2・5ミリ~6ミリ。女王アリとみられる個体は体長や腹部が大きかった。女王アリと確認されれば国内で初めてとなる。1日に千個以上の卵を産むとされ、環境省は、巣を作り繁殖していた疑いもあるとみている。

このニュースの写真

  • 国内初の確認か 殺人アリ「ヒアリ」の女王…巣を作り1日に千個以上の産卵も アスファルト亀裂から発見 大阪・南港 

「産経WEST」のランキング