産経WEST

那覇市議選が告示 翁長知事のお膝元、過半数めぐり攻防

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


那覇市議選が告示 翁長知事のお膝元、過半数めぐり攻防

 任期満了に伴う那覇市議選(定数40)が2日告示され、67人が立候補を届け出た。那覇市長を務めた翁長雄志(おなが・たけし)沖縄県知事のお膝元に当たり、過半数を握ってきた知事支持派が勢力を維持するか、自民党が中立派無所属などを合わせて阻止できるかが焦点。結果は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設反対派を率いる翁長氏の求心力に影響するとみられる。9日に投開票される。

 市選挙管理委員会や各陣営によると、党派別の内訳は自民党12人、公明党7人、共産党7人、社民党3人、民進党2人、日本維新の会2人、地域政党・沖縄社会大衆党2人、無所属・諸派32人(うち自民推薦2人、社民、維新推薦各1人)。

「産経WEST」のランキング