産経WEST

【世界ミニナビ】韓国史上初の強制リコール…「現代自動車」に強まる当局からの風当たり

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界ミニナビ】
韓国史上初の強制リコール…「現代自動車」に強まる当局からの風当たり

韓国史上初の強制リコール措置に欠陥隠蔽の疑惑が浮上する現代自動車(ロイター) 韓国史上初の強制リコール措置に欠陥隠蔽の疑惑が浮上する現代自動車(ロイター)

 このため、NHTSAはリコール実施時点と対象車種、措置方法が適切だったのか、法と規定により報告義務を順守したのかを調査する計画だという。

 現代自は2014年に別の4万3500台のブレーキ欠陥によるリコールを遅滞したとして、NHTSAから1735万ドルの罰金を命じられた。その後、米国議会は2015年にリコールを遅滞した場合に科すことができる最高罰金額を1億500万ドルに引き上げた経緯がある。現代自の姿勢については厳しい目が注がれているといえる。

このニュースの写真

  • 韓国史上初の強制リコール…「現代自動車」に強まる当局からの風当たり

関連ニュース

「産経WEST」のランキング