産経WEST

「世界遺産効果」薄れた石見銀山 課題は魅力発信

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「世界遺産効果」薄れた石見銀山 課題は魅力発信

世界遺産に登録されている石見銀山近くの町並み。歴史的な建造物などが残っている=島根県大田市 世界遺産に登録されている石見銀山近くの町並み。歴史的な建造物などが残っている=島根県大田市

 16~20世紀に採掘から製錬まで行われた鉱山跡のほか、銀の生産に関わった人の居住地区や、鉱山から港までの山道などで構成。その範囲は約500ヘクタールに及ぶ。緑が多く残り、環境に配慮した鉱山だったことが登録の決め手となった。

 こうした遺跡の特徴を知ってもらおうと、石見銀山ガイドの会は、数キロのコースを歩きながら歴史を解説するイベントを実施。今年4月からは、遺跡内の森林や砂浜などを活用したヘルスツーリズムを始めた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング