産経WEST

【虎のソナタ】待てど暮らせど ホームベースにこぬひとを…虎党の思いまた空転

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虎のソナタ】
待てど暮らせど ホームベースにこぬひとを…虎党の思いまた空転

六回の攻撃前にはベンチ前で円陣を組んだが…効果はなかった 六回の攻撃前にはベンチ前で円陣を組んだが…効果はなかった

 月下美人という花は20センチ以上もある真っ白な大きな花です。

 しかも夜にしか咲きません…。これがまた実に妖しい香りをふりまくんですよ。夜に…。

 しかも受粉のためだけに咲くんです。要するに夜陰にまぎれて飛ぶコウモリを真っ白な花と芳香で誘い込みタラシ込み、自分の花粉を運ばせるんですよ…。

 それでも真夜中に真っ白な大輪…それを誰が呼んだか『月下美人』

 少しはこの花の“必死さ”を見習って貰いたい…と思うのです。誰に? 阪神打線に。

 試合前に編集委員上田雅昭はこう言っていました。「そりゃ、たしかに今はチーム状態はどん底や。長いペナントレース中にはこういう何をどうあがいてもバイオリズムの悪い時はあるもんや。そんな場合にどうするか? 客観的なことはいくらでもいえる…」。じゃドーすりゃいいのだ。

 A=だから「動く(打線を組み替える)」べきか?

 B=こんな時は「動くべきでない」か?

 シェークスピアはハムレットにこう言わせている。ツゥ・ビー・オア・ノット・ツゥ・ビー。ザット・イズ・ザ・クエッション(生か、死か。それが問題だ)

 そんな深刻なことでもないけれど、とにかくなんとかしなくっちゃ…と金本監督は思っている。そして…ついに動いた。

 「俺はイロイロ打線を組み替えるのもエエと思う。しかし…なぁ」と上田はそこで口ごもった。それ以上は推測するしかない。つまり金本ハムレットも同じ心境だろう。動くにしたって、その代わりに切るカードにジョーカーが不足しているからだ。

続きを読む

「産経WEST」のランキング