産経WEST

薬物捜査で「任意の壁」、職質逃れが急増 「弁護士会館が駆け込み寺に」大阪府警が懸念も

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


薬物捜査で「任意の壁」、職質逃れが急増 「弁護士会館が駆け込み寺に」大阪府警が懸念も

大阪市北区西天満にある大阪弁護士会館。大阪府警の捜査員は会員専用フロアにも立ち入った 大阪市北区西天満にある大阪弁護士会館。大阪府警の捜査員は会員専用フロアにも立ち入った

 警察官の職務質問(職質)をめぐるトラブルが相次いでいる。5月には、大阪府警の捜査員が薬物使用を疑って職質した男性を追って大阪弁護士会館(大阪市北区)に立ち入り、大阪弁護士会などから抗議を受ける一件もあった。大阪府内では薬物事件の捜査対象者が職質を拒否し、仲間を呼んで妨害するケースが急増。府警は速やかに応援を呼ぶなど「逃げ得」を許さない対策を取っているが、任意で協力を求める職質の難しさが浮かび上がった形だ。

採尿拒否で追跡

 5月2日午後5時過ぎ、大阪市中央区の路上にいた男性(46)に、捜査員数人が声をかけた。男性は覚醒剤事件で公判中で、3月に保釈されていた。

 所持品検査で違法薬物などは見つからなかったが、男性は任意での採尿を拒否。「(公判担当の)弁護人に相談する」と電話しながら、自転車を押して歩き始めた。捜査員らはビデオカメラで撮影しながら男性について行くとともに、強制採尿するため令状請求の手続きを取った。

 男性は午後7時ごろ、弁護士会館付近に到着し、弁護人と合流した。この時点で捜査員は応援を含めて十数人になっていたが、うち数人が男性を追って会館内に入り、エレベーターに同乗するなどして会員専用フロアまで立ち入った。

続きを読む

「産経WEST」のランキング