産経WEST

【虎のソナタ】虎に必要…宮本武蔵の“鋭い目” 竜の待つ浜松でいざ勝負!!

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【虎のソナタ】
虎に必要…宮本武蔵の“鋭い目” 竜の待つ浜松でいざ勝負!!

浜松入りした原口、秋山、岡崎(左から)。竜斬り、頼みます 浜松入りした原口、秋山、岡崎(左から)。竜斬り、頼みます

 将棋の世界の奥深さ…わずか5分のズレ。3時半に39手目。増田四段の苦悶…夕食の注文で藤井四段は五目炒飯が品切れでそこでも熟考してワンタンメン…この時間がどう影響するのか?

 とてもじゃないが筆者のIQ指数ではついていけない(もっとも誰もついて行けともいわないが…)今日は阪神は浜松(対中日)の移動日だからこの「虎ソナ」もグズグスしないで早く出せ…とCD(当番)席の堀啓介デスクの目がそう言っている?

 さて今の虎は武蔵ほどの“鋭い目”をもって浜松に乗り込むのか?甲子園の投手陣の練習を取材した西垣戸理大は「秋山、メッセ、岩貞、青柳、小野…それなりに緊張感を漂わせてました。浜松ですか?さぁ僕は静岡市民病院で生まれましたので、ひょっとしたら小さいとき浜松球場(静岡県)に行ったかもしれませんが記憶にないデス」と言う。あのなぁ連日、ヨーグルトとサラダでダイエットしてるトラ番の若者よ。そんな雲をつかむようなことは聞いちゃおらんとョ。第一、キミを出産するのに母上が市民病院でご苦労なさったか?聖ナントカだったかはこの連載とは関係ないとョ。とにかく秋山君が中日をギュッといわせてくれるかどうかタイ(なんで博多弁になったのか)「小野投手が『今度こそ…』とキリッとしてました」と新里公章も“どぎゃんとせんといかん”という若虎の心意気を伝えてきた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング