産経WEST

犬連れ戻そうと踏切へ…男性が電車にはねられ死亡、岐阜

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


犬連れ戻そうと踏切へ…男性が電車にはねられ死亡、岐阜

 25日午後2時半ごろ、岐阜市上川手の名鉄名古屋線の踏切で、犬の散歩中だった大学准教授、羽賀新世さん(52)=同市上川手=が須ケ口発名鉄岐阜行き普通電車(2両編成)にはねられ、頭などを強く打って死亡した。

 岐阜南署によると、羽賀さんは遮断機が下りた踏切内に入り込んだ犬を連れ戻そうとしていた。運転士が犬のリードを引っ張っている羽賀さんに気付き、急ブレーキをかけたが間に合わなかったという。犬も死んだ。乗客4人と乗員2人にけがはなかった。

 犬は体長約1メートルで首輪もついていた。羽賀さんはリードを引っ張っても犬が踏切から出てこないため、抱えて連れ出そうとしたとみられる。 現場は住宅街の一角で、踏切を渡る道路の幅は約2・2メートル。同線は約2時間、名鉄一宮-名鉄岐阜間で上下線の運転を見合わせた。 近所の主婦(67)は「歩行者と自転車しか通れない小さな踏切で、かなり頻繁に電車が通る場所。事故が起きたと聞くと怖い」と話していた。

「産経WEST」のランキング