産経WEST

【将棋】「普段通り自然体で…」無敗の藤井四段、26日に新記録29連勝に挑戦

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【将棋】
「普段通り自然体で…」無敗の藤井四段、26日に新記録29連勝に挑戦

藤井聡太四段 藤井聡太四段

前のニュース

 昨年12月のデビュー戦から無敗を続ける将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)=日本将棋連盟関西本部所属=が26日、公式戦29連勝をかけて、東京都渋谷区の東京・将棋会館で竜王戦決勝トーナメント1回戦に臨む。藤井四段は今月21日、神谷広志八段(56)が昭和61~62年度につくった歴代1位の連勝記録「28」に並んでおり、この対局に勝てば単独首位に立つことになる。

 30年ぶりの新記録がかかった対局の相手は、増田康宏四段(19)。昨年、新人王戦で優勝した実績がある若手の新鋭だ。

 藤井四段は「竜王戦という大きな舞台で相手も強敵。気を引き締めて臨みたい。ただ、記録はあまり意識せず、普段通りの自然体で指せたら」。一方、増田四段は「藤井四段は素晴らしい実力を持った棋士。一手のミスも許されない、完璧な将棋を指さなければいけないと思っている。冷静に自分を信じて戦いたい」と意気込みを語っている。

 対局は午前10時開始。持ち時間は各5時間で終局は夜になる見込み。

次のニュース

最年少プロ棋士 藤井聡太のニュース

このニュースの写真

  • 【将棋・棋王戦】終盤の強さで20連勝決める 藤井聡太四段、謙虚に「僥倖です」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング