産経WEST

米・艦載機移駐計画受け入れ、岩国市長が表明 61機段階的に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


米・艦載機移駐計画受け入れ、岩国市長が表明 61機段階的に

山口県岩国市の米軍岩国基地 山口県岩国市の米軍岩国基地

 米軍厚木基地(神奈川県)から岩国基地(山口県)への空母艦載機の移駐計画を巡り、同県岩国市の福田良彦市長は23日、市議会定例会の本会議で、移駐を受け入れる考えを表明した。福田市長はこれまでに、容認の条件としていた米軍再編交付金の拡充などが国との協議で成果が得られた、との認識を示していた。

 交付金を受け取る周辺の和木、周防大島両町も近く容認の判断を示すとみられ、「地元を尊重する」としている山口県の村岡嗣政知事も開会中の県議会で表明する方針。早ければ7月から始まる移駐を前に、地元自治体がそろって態度を示すもようだ。

 移駐計画は日米両政府が平成18年に合意した在日米軍再編の一環で、FA18戦闘攻撃機など計61機を来年5月にかけて段階的に移す計画。所属機は約120機に倍増し、嘉手納基地(沖縄県)と並ぶ極東最大級の航空基地になる。

 福田市長は受け入れを表明した背景として、緊張状態が続く北朝鮮情勢など安全保障上の事情を説明。その上で「私には住民の安心や安全を確保し、良好な生活環境を維持するという責務がある。国や米軍と毅然として向き合っていかなければならない」と述べた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング