産経WEST

宗教法人介し取引、1億円脱税の不動産業者に有罪判決 名古屋地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


宗教法人介し取引、1億円脱税の不動産業者に有罪判決 名古屋地裁

 宗教法人を介した不動産取引などで約1億円を脱税したとして、法人税法違反の罪に問われた名古屋市の不動産会社「ジーザス」の代表取締役黄元圭被告(55)と、法人としての同社に対する判決公判で、名古屋地裁は23日、黄被告に懲役1年8月、執行猶予3年、同社に罰金2800万円(求刑はそれぞれ懲役1年8月、罰金3200万円)を言い渡した。

 神田大助裁判官は判決理由で「国民の健全な納税意識を著しく阻害するもので厳しい非難に値するが、修正申告分を納付し、反省もしている」と述べた。

 判決などによると、黄被告は自身が代表を務める宗教法人の税法上の優遇措置を使って不動産の売却益を除外したり、架空の外注費を計上したりして、2015年5月期の事業年度に関する所得約4億2千万円を隠し、法人税約1億円を免れた。

「産経WEST」のランキング