産経WEST

【世界を読む】中国から騒音が消えた日、国を挙げての“親心”…一発勝負で決まる将来、事故でも「まず入試会場へ」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【世界を読む】
中国から騒音が消えた日、国を挙げての“親心”…一発勝負で決まる将来、事故でも「まず入試会場へ」

6月7日、中国・天津市で、大学入試「高考」のため受験生が着席した会場内をモニターで監視する警察官。受験生にとってよりよい受験環境を守りつつ、カニングなど不正行為の防止に目を光らせる(ロイター) 6月7日、中国・天津市で、大学入試「高考」のため受験生が着席した会場内をモニターで監視する警察官。受験生にとってよりよい受験環境を守りつつ、カニングなど不正行為の防止に目を光らせる(ロイター)

 中国全土で年に一度、一斉に実施され、若者の将来を“一発勝負”で決めてしまうといわれる大学入試「高考(ガオカオ)」が6月7、8日(一部では9日も)に行われた。超学歴社会の中国での高考をめぐっては、毎年世界中に話題を振りまくことでも知られている。高考の復活から40周年となった今年は約940万人が受験した。「人生を左右する」と評される試験だけに、もともと「受験生ファースト」な目線で行われるビッグイベントなのだが、今年はさらにエスカレートした環境整備が進められたようだ。国営通信の中国新聞社によれば、試験会場周辺は街ごと“マナーモード”を強制され、受験生を運ぶバスは、少々の交通違反なら処理は後回しで「とにかく試験会場に向かえ」との指令が出されたという。

受験ママはチャイナドレス

 高考は、日本の大学入試センター試験に相当するともいわれるが、中国では日本のように各国公立大の2次試験のようなシステムはない。正真正銘の一発勝負であり、現代の「科挙」とも呼ばれるこの高考の結果で将来が決まるため、国を挙げて盛り上がる。日本のセンター試験の志願者数57万人と比べても、人口の違いはあってもその規模は破格で「世界最大規模の大学入試」なのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国から騒音が消えた日、国を挙げての“親心”…一発勝負で決まる将来、事故でも「まず入試会場へ」
  • 中国から騒音が消えた日、国を挙げての“親心”…一発勝負で決まる将来、事故でも「まず入試会場へ」

関連トピックス

「産経WEST」のランキング