PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】「阪“急”タイガース」鮮明 “約束の10年”後で初HD株主総会、中田翔らFA砲の獲得も…

Messenger
大阪市内で行われた阪急阪神HDの株主総会
大阪市内で行われた阪急阪神HDの株主総会

 中田翔や中村剛也らFA砲の獲得方針があるとすれば、巨額資金の最終決済は誰がするのでしょうか。阪急阪神HDの株主総会が13日に行われ、「阪急」の統治がいよいよ鮮明になりました。「阪神タイガース」も阪急阪神HDのエンタテイメント・コミュニケーション事業部門の子会社です。今後の球団人事や編成計画などにも「阪急首脳」の意向が色濃く出てきますね。監督人事や巨額資金の必要な補強などは「阪神」だけの決済では前に進まなくなる可能性が極めて高いですね。

■ブレーブス手放した阪急。阪神統合で新規オーナー扱い「30億円」、だったが…

 30年以上も「阪神タイガース」を取材した者にとっては、なんとも複雑で寂しさが込み上げてきます。タイガースが「阪神」ではなく、「阪急阪神HDタイガース」になっていく。もっと言えば実質は「阪急タイガース」…。そんな思いで13日に行われた阪急阪神HDの株主総会の様子を聞いていました。

 「久万さん(元オーナー=故人)が生きていたら泣いているんじゃないか。阪神が実際、阪急にすべて呑(の)み込まれた。こうなることは10年前に決まっていたことだけど、実際に目の辺りにすると悲しいですね」と話すとある球団関係者はこう返してきました。

 「資本主義だから…。阪神は阪急阪神HDの100%子会社。もっと言うなら阪急の100%子会社。これからは人事交流も進み、来年の4月の新入社員からはHDでの一括採用となる。もう阪急でも阪神でもなくなる。今の幹部社員も全員が阪急阪神HDに転籍して、そのまま当面は働くわけだからね。言ってみれば阪神の次長以上は全員が実際は阪急に持っていかれたのも同然だ」

 村上ファンドによる阪神電鉄株の買い占めに端を発した大騒動は2005(平成17)年8月でした。その後、2006年5月には村上ファンドの保有株式は46・82%まで増え、阪神電鉄に対して発言権を有するに至りました。役員を派遣して経営に参入する意図があることまで明らかになったのです。

ある“条件”で30億円を免除…さらに衝撃、タイガースの坂井オーナーが…

関連トピックス

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ