産経WEST

【7・5億円金塊窃盗】被告と容疑者「暴力団から恐喝され500万円」 経緯捜査

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【7・5億円金塊窃盗】
被告と容疑者「暴力団から恐喝され500万円」 経緯捜査

 福岡市博多区で昨年7月、約7億5千万円相当の金塊(160キロ)が警察官を装った男らに盗まれた事件で、容疑者や被告の一部が、事件への関与を知った暴力団関係者から500万円を脅し取られたという趣旨のことを話していることが14日、捜査関係者らへの取材で分かった。捜査当局は経緯を詳しく調べている。

 5月22日以降、主犯格とされる野口和樹被告(42)や沓掛祐介被告(38)、情報提供者との仲介役とされる中垣龍一郎容疑者(40)ら10人が窃盗容疑などで逮捕された。逮捕前に一部が事件を周囲に漏らし、情報を聞きつけた暴力団関係者から現金を脅し取られたという。このとき、誰が現金を調達するかを巡って容疑者や被告間でトラブルになったとしている。

 野口、沓掛両被告ら5人は今月13日、窃盗罪で起訴され、現場にいたことは認める一方、「(被害者側と合意の上で)窃盗のふりをしただけだ」と主張。被害者側は「事実無根だ」と反論している。

 起訴状などによると、5人はほかの容疑者と共謀、貴金属買い取り店に金塊を運搬中だった被害者らに「密輸品だろう」と話し掛け、隙を見て持ち去ったとしている。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング