産経WEST

相川七瀬さんも泥まみれ…赤米の田植え 岡山・総社

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


相川七瀬さんも泥まみれ…赤米の田植え 岡山・総社

相川七瀬さんと一緒に赤米の田植えを体験する児童ら=総社市 相川七瀬さんと一緒に赤米の田植えを体験する児童ら=総社市

 総社市新本地区に伝わる古代米「赤米」の恒例の田植えが今年も本庄国司神社(同所)の神田で行われ、歌手で「総社赤米大使」の相川七瀬さん(42)らが泥にまみれながら苗を手植えした。

 地元の市立新本小学校から5年生児童10人も参加。神事に続き、氏子である農家の人らとともに2アールの神田で横一列になりながら田植え作業を行った。

 相川さんは同大使に委嘱された平成24年から6年連続のゲスト参加で「私も植え方が相当慣れたと実感していますが、子供たちも年々上達している感じ」などと笑顔で話していた。

 相川さんはいったん帰京し、24日は備中国分寺五重塔(総社市上林)前の水田(約1ヘクタール)でも赤米の田植えに参加する。

 同市では市内の親子を対象に、同日の参加者100人を募集している。参加料500円(記念品付き)で、申し込みは同市商工観光課((電)0866・92・8277)。

 同市は赤米を通じて長崎県対馬市と鹿児島県南種子町との3市町で「赤米伝統文化交流協定」も締結しており、今春の日本遺産にはもれたが、今後も認定を目指して申請を行うという。

「産経WEST」のランキング