産経WEST

阪急阪神HD株主総会 角氏が会長に就任、社長は杉山副社長が昇進

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


阪急阪神HD株主総会 角氏が会長に就任、社長は杉山副社長が昇進

 阪急阪神ホールディングス(HD)の株主総会が13日、大阪市北区で開かれ、取締役9人の選任など会社提案の4議案を原案通り可決した。終了後の取締役会で、角和夫社長は会長に就任。杉山健博副社長が社長に昇進した。

 総会では今年5月大阪の中心を南北に貫く鉄道新線「なにわ筋線」の建設に大阪府市と鉄道3社が合意したことについての質問があり、議長を務めた角氏は「(将来的に)新大阪と関西国際空港がつながり、その間に梅田や十三を通る。南海、JR、阪急にとってもよいことだ」と、3社それぞれにメリットがあると強調した。

 また、駅舎のエスカレーターやエレベーターなどの設備、鉄道車両の機器などの一部を経営再建中の東芝から調達していることについて、角氏は「(東芝は)事業部門がおかしくなっているわけではない」として、取引きを継続する考えを示した。

「産経WEST」のランキング