産経WEST

【鬼筆のスポ魂】宮里藍、電撃引退…取り損なった「スクープ」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【鬼筆のスポ魂】
宮里藍、電撃引退…取り損なった「スクープ」

最終日、18番でパーパットを沈め歓声に応える宮里藍=六甲国際GC 最終日、18番でパーパットを沈め歓声に応える宮里藍=六甲国際GC

 あれは3月下旬のことだ。取材で訪れた六甲国際ゴルフ倶楽部で倉橋好士弘総支配人にある要請を受けた。

 「今年のサントリー・レディスではプロアマトーナメントにはギャラリーは入れません。昨年までは入れていましたが、今年は入れないんです。その点をちゃんと書いておいてください」

 理由を聞くと「セキュリティーの問題です」と話して「今年は藍ちゃんも来るんでね」と続けたのだ。つまり大勢のギャラリーが宮里藍(31)=サントリー=を目当てに殺到するのでセキュリティー上の問題から本大会前日に行うプロアマの入場をやめた…というのである。

 後で考えると、ここまで言われてピンとこなかったのは恥ずかしい限り。「宮里藍電撃引退」のスクープを取り逃がしたのだ。それから2カ月が過ぎた頃、宮里藍は突然、今季限りでの引退を表明した。ゴルフ場側が心配?した通り、6月8日からの4日間の観客数は大会最多記録の3万4750人を記録した。1988年のツアー制施行後では史上15位(最多は2005年日本女子オープンの4万8677人)だった。

続きを読む

「産経WEST」のランキング