産経WEST

【衝撃事件の核心】「こいつらひいたろか」通学路暴走、逃げ惑う生徒の動画拡散、大炎上…事件があぶり出した通学マナー

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「こいつらひいたろか」通学路暴走、逃げ惑う生徒の動画拡散、大炎上…事件があぶり出した通学マナー

インターネット上に投稿された通学路暴走の動画。生徒らが暴走車から逃げ惑う様子が写っている(ツイッターより) インターネット上に投稿された通学路暴走の動画。生徒らが暴走車から逃げ惑う様子が写っている(ツイッターより)

 「小中学生が広がって歩いて邪魔なので、思い知らせるために猛スピードで車を走らせた」。2人は暴走行為自体は認めたが、殺意に関しては「殺そうとは思っていない」と否認した。

 少年らが運転していたのは、白色の国産車「マークX」。少年が自分名義で所有していたという。2人は先輩・後輩の間柄だった。

 捜査関係者によると、少年は事件後、恩師や保護司に「自分がやった」と打ち明け、身の処し方を相談していたとされる。関係者は少年について「地元の不良グループの一人だが、仲間内では、『気が小さい』と言われるような存在だった」と明かす。

 少年のものとみられるツイッターは逮捕前に非公開となった。真意は不明だが、アカウントネームも少年の実名から「臆病(おくびょう)者」に変更された。

白い車、何度も行き来

 「ぶつかったら死ぬな、と思った」

 動画に写っていた中学3年の女子生徒(14)が取材に応じ、恐怖の瞬間を振り返った。当時、友人と一緒に通学路を歩いていると、白い車が現場の公園角を曲がって突然現れ、猛スピードで生徒のすぐ隣を走り抜けていった。

 事件当日は中学校のテスト期間中で部活動は行われていなかった。そのため、下校時間帯が重なり、いつもより多くの生徒が歩いていた。

 女子生徒によると、自身がひかれそうになった直前にも、白い車が通学路を行き来していた。「いったんどこかへ行ったと思ったら、また戻ってきた。私たちを狙っているのかと思った」と話した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「こいつらひいたろか」通学路暴走、逃げ惑う生徒の動画拡散、大炎上…事件があぶり出した通学マナー

関連トピックス

「産経WEST」のランキング