産経WEST

INAC神戸の選手が奈良・橿原での試合開催PR

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


INAC神戸の選手が奈良・橿原での試合開催PR

チラシを配る仲田歩夢(中央)、武仲麗依の両選手=橿原市 チラシを配る仲田歩夢(中央)、武仲麗依の両選手=橿原市

 奈良県橿原市の橿原公苑陸上競技場で今月24日に開催される女子サッカー・INAC神戸(神戸市)の公式戦を前に、同チームの守屋都弥(みやび)選手(上牧町出身)ら4人の選手が近鉄大和八木駅前で、駅を利用する人らに試合開催のチラシを配り、観戦を呼びかけた。

 試合をPRしたのは守屋選手のほか仲田歩夢(あゆ)、杉田妃和(ひな)、武仲麗依(れい)選手。4人はユニホーム姿で、業務提携する橿原市の職員とともに8日午後5時半から約1時間、「INAC神戸です。試合を宣伝してください」などと呼びかけながらチラシを配り、ファンとの記念撮影にも応じていた。

 これに先立ち、選手たちは橿原市役所を訪問、森下豊市長から激励を受けた。試合は、なでしこリーグカップ戦(予選)で、INAC神戸の主催ゲーム。対戦相手は伊賀FCくノ一(三重県伊賀市)で、守屋選手は「地元の人も応援に来るので、ぜひ勝ちたいと思います」と話していた。

「産経WEST」のランキング