産経WEST

【今週の注目記事】「臆病者の日本が核兵器保有を…」橋下徹氏、北朝鮮核・ミサイル問題の“超剛速球”論理

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【今週の注目記事】
「臆病者の日本が核兵器保有を…」橋下徹氏、北朝鮮核・ミサイル問題の“超剛速球”論理

核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の労働新聞が5月15日に掲載した新型の中長距離弾道ミサイル「火星12」の発射実験に立ち会う金正恩朝鮮労働党委員長(中央)の写真=共同。国際社会が対応に苦慮する中、橋下徹氏は「北朝鮮に核保有をいったん認めてやってもいいじゃないか」と語るが… 核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の労働新聞が5月15日に掲載した新型の中長距離弾道ミサイル「火星12」の発射実験に立ち会う金正恩朝鮮労働党委員長(中央)の写真=共同。国際社会が対応に苦慮する中、橋下徹氏は「北朝鮮に核保有をいったん認めてやってもいいじゃないか」と語るが…

 「北朝鮮に核保有をいったん認めてやってもいいじゃないか」「臆病者の日本は核兵器保有の検討も俎上に載せざるを得なくなる」-。かつて日本維新の会の代表として型破りな言動を繰り広げた橋下徹弁護士=元大阪府知事・大阪市長=が、国際社会の再三にわたる警告を無視して核・ミサイル開発を続ける北朝鮮問題で、“爆弾発言”をぶち上げた。一昨年12月に政治家を引退した後、世界を視察。北朝鮮のミサイル連続発射で朝鮮半島をめぐる緊張が高まる中、韓国・ソウルを訪れるなどして持論をツイッターやブログで盛んに発信している。米国をはじめとする国際社会が対応に苦慮している北朝鮮の核・ミサイル問題に対する橋下流の“妙案”とは-。

「北朝鮮に核保有を認めてやってもいい」

 橋下氏の発言でインターネットがざわついたのはソウル滞在中だった4月28日だった。

 米トランプ政権による北朝鮮への先制攻撃の可能性が取りざたされる中、自身のツイッターに《ソウルでは普通の暮らしが営まれている。この普通の市民の人生を北朝鮮のミサイルで犠牲にするくらいなら、北朝鮮に核保有をいったん認めてやってもいいじゃないか。その上できっちりと核の均衡を保つ。北朝鮮を叩くのであればもっと早くやるべきだった》と書き込んだ。

 ネットの反応は、一部の支持を除き、大半が反対意見。フォロワーからも《この件だけは反対します》《甘過ぎます!一度認めたら、あとは暴走有るのみの国ですよ!》などと疑問視する書き込みが相次いだ。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング