産経WEST

【関西の議論】近畿大が作った「マンガ図書館」、蔵書2万2千冊…4年連続志願者数日本一が狙う“ドンデン返し”とは

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
近畿大が作った「マンガ図書館」、蔵書2万2千冊…4年連続志願者数日本一が狙う“ドンデン返し”とは

「目覚めた超能力」をテーマに、関連したマンガ本などが並べられた「ドンデン」のコーナー=大阪府東大阪市 「目覚めた超能力」をテーマに、関連したマンガ本などが並べられた「ドンデン」のコーナー=大阪府東大阪市

 平成29年度の志願者数が4年連続日本一となった近畿大学(大阪府東大阪市)が、また新たな話題を提供している。約2万2千冊ものマンガを所蔵する新図書館「BIBLIOTHEATER(ビブリオシアター)」の開設だ。かつては「マンガは勉強の敵」ともいわれていたが、そんな“常識”を逆手に取った『ドンデン読み』と呼ばれる新たな学習法を提案。「活字離れが進む学生たちに読書の魅力を伝えたい」と大学関係者は意気込んでいる。(香西広豊)

「犯人はこの中にいる」などテーマにもこだわり

 ビブリオシアターは4月6日、東大阪キャンパス(同市小若江)の新エリア「ACADEMIC THEATER(アカデミックシアター)」の中核施設として開設された。1階は学術書や一般書が中心だが、2階にマンガ本をそろえた「ドンデン」と呼ばれるエリアが設けられた。編集工学研究所の松岡正剛所長が「今までにない大学の図書館スペースを作りたい」と、自ら監修から選定までを行ったという。

 マンガ本は、30のテーマ(大見出し)に従って各コーナーごとに分けられている。そのテーマも、「時空をめぐる宇宙旅行」(SF作品)、「犯人はこの中にいる」(推理作品)、「一球入魂のメイクドラマ」(野球作品)などこだわりが感じられる。

 各コーナーには「キーブック」と呼ばれるマンガ本があり、そのマンガ本に関連する新書や文庫本が並べられているのが、このマンガ図書館独自の“仕掛け”だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 近畿大が作った「マンガ図書館」、蔵書2万2千冊…4年連続志願者数日本一が狙う“ドンデン返し”とは
  • 近畿大が作った「マンガ図書館」、蔵書2万2千冊…4年連続志願者数日本一が狙う“ドンデン返し”とは

「産経WEST」のランキング