産経WEST

神戸山口組組長異例の逮捕、三つどもえの抗争「トップ不在で暴力団の活動抑制」 兵庫県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


神戸山口組組長異例の逮捕、三つどもえの抗争「トップ不在で暴力団の活動抑制」 兵庫県警

 平成27年8月末に指定暴力団山口組が分裂し、同神戸山口組が結成されて1年9カ月。全国で抗争事件が相次ぐ中、兵庫県警が神戸山口組トップの井上邦雄容疑者(68)の逮捕に踏み切った。携帯電話の詐取容疑での暴力団トップの逮捕を異例と指摘する声もあるが、4月末に神戸山口組を離脱した勢力が新組織「任侠(にんきょう)団体山口組」を結成したことで新たな抗争への懸念が高まっており、断固とした取り締まりを行う姿勢の表れといえそうだ。

 井上容疑者は17年に山口組の渡辺芳則5代目組長の出身母体「山健組」を継承し、司忍(本名・篠田建市)6代目組長の下で直系組長に昇格。27年8月末に12人の直系組長とともに山口組から離脱して神戸山口組を結成し、山健組組長を兼任したまま組長に就任した。

 その後、山口組と神戸山口組による抗争事件は今年4月15日までに95件発生。分裂の影響は他団体にも波及し、指定暴力団会津小鉄会(京都市下京区)は今年に入り、山口組、神戸山口組それぞれを後ろ盾とした2人の組長が並び立つ事態となった。同会の本部事務所前では双方の組員らの小競り合いも起きており、京都府警が捜査している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 神戸山口組組長異例の逮捕、三つどもえの抗争「トップ不在で暴力団の活動抑制」 兵庫県警
  • 神戸山口組組長異例の逮捕、三つどもえの抗争「トップ不在で暴力団の活動抑制」 兵庫県警

関連ニュース

「産経WEST」のランキング