産経WEST

武田薬品工業、創薬研究受託へ 新たな収益源に 7月、事業スタート

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


武田薬品工業、創薬研究受託へ 新たな収益源に 7月、事業スタート

武田薬品工業の分社化される研究部門がある湘南研究所。将来的には社外の基礎研究も受託したい考えという 武田薬品工業の分社化される研究部門がある湘南研究所。将来的には社外の基礎研究も受託したい考えという

 武田薬品工業が、バイオベンチャー企業などから創薬の基礎研究を請け負う事業に乗り出すことが3日、分かった。薬の評価や新薬につながる成分の候補を探す研究を手助けする。武田は、設備投資や開発費を抑えたい企業からの受託を見込んでおり、新たな収益源にする狙い。

 創薬研究の部門の一部を同社本体から切り離す形で、4月に準備会社を設立しており、7月1日から事業を開始する。ここに湘南研究所(神奈川県藤沢市)に勤務する研究員ら千人の4分の1にあたる250人を転籍させる。新会社では、製薬に不可欠な薬の安全性の確認や、疾病に対する有効成分の特定などの基礎研究を専門的に行う。

 同社によると、創薬の研究部門の分社化は国内の製薬大手では初めての試み。武田の創薬に関わる基礎研究を引き続き担うほか、大学やバイオベンチャー企業、同業他社からの依頼も引き受ける計画だ。

 武田の担当者は、「外部機関やベンチャー企業などの研究を、創薬に結びつけるための橋渡しにもなると考えている。より柔軟でスピード感のある研究開発モデルを構築したい」としている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 武田薬品工業、創薬研究受託へ 新たな収益源に 7月、事業スタート

「産経WEST」のランキング