産経WEST

【北ミサイル】九州初のミサイル避難訓練 福岡・大野城

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【北ミサイル】
九州初のミサイル避難訓練 福岡・大野城

 北朝鮮が発射を繰り返す弾道ミサイルの飛来に備えた住民避難訓練が4日、福岡県大野城市の小学校で行われた。情報の伝達や避難の流れを確認。総務省消防庁によると、九州でのミサイルを想定した避難訓練は初めて。

 市単独の訓練で、ミサイルが発射数分で日本の領海内に着水したと想定。事前に録音した発射を伝える全国瞬時警報システム(Jアラート)のサイレン音や屋内避難指示のアナウンスを受け、参加者らは避難を開始。校舎に避難するグループと、自分で身を隠す場所を探すグループに分かれた。

 九州での訓練は、福岡県などが同県吉富町で今月12日に予定し、長崎県も今夏の実施を検討している。国と山口県なども4日、同県阿武町で同様の訓練を実施。

「産経WEST」のランキング