産経WEST

【金塊窃盗】主犯格、知人警察官に積極的接触 示談で逮捕逃れへ、情報収集か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【金塊窃盗】
主犯格、知人警察官に積極的接触 示談で逮捕逃れへ、情報収集か

 昨年7月に福岡市で起きた金塊窃盗事件をめぐり、愛知県警の複数の警察官が捜査関連の情報を漏らした疑いが持たれている問題で、主犯格とされる野口和樹容疑者(42)=名古屋市千種区=が昨年末、知り合いの愛知県警の警察官に「事件は出来レースだった」と話し、情報を得ていた疑いのあることが3日、分かった。容疑者らは今年3月に被害者側に示談を持ち掛けており、福岡県警は積極的に警察官と接触して情報を集め、逮捕を免れる工作を進めたとみている。

 和樹容疑者はこれまで接見した弁護士に「(被害者側と)合意の上で窃盗のふりをした」と主張、被害者側は「事実無根だ」と強く反論している。

 関係者によると、和樹容疑者は知り合いの警察官と3月までに、喫茶店で会ったり電話で話したりして「福岡県警が捜査しているようだ」といった情報を得ていたとしている。見返りとして別の事件に関わった疑いのある人物の情報を伝えていた。他の容疑者らも捜査関連の情報を収集し、一部は容疑者間で共有されていたという。

 弁護士は3日、容疑者らが逮捕前に連絡を取っていた警察官は3人で、うち1人は和樹容疑者の知り合いの警察官だったと明らかにした。全員が情報を伝えていたかどうかは不明としている。

 和樹容疑者の兄、直樹容疑者(43)らは3月ごろ、被害者側に計1億6千万円の示談金支払いを申し込み、被害者は受け入れを拒否した。

 福岡県警は5月22日以降、和樹、直樹両容疑者ら計10人を窃盗などの容疑で逮捕している。

「産経WEST」のランキング