産経WEST

【小型飛行機墜落・動画】「2人意識なし」墜落機乗員が110番 霧で視界不良か

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【小型飛行機墜落・動画】
「2人意識なし」墜落機乗員が110番 霧で視界不良か

厚い雲に覆われた、小型機が墜落したとされる現場付近=3日午後7時2分、富山県立山町(本社ヘリから、志儀駒貴撮影) 厚い雲に覆われた、小型機が墜落したとされる現場付近=3日午後7時2分、富山県立山町(本社ヘリから、志儀駒貴撮影)

前のニュース

 3日午後3時ごろ、富山県立山町の山中に、富山空港を離陸し、長野県の松本空港に向かっていた4人乗りの小型機が墜落した。富山県警によると、乗員とみられる男性から「山中で墜落した。2人は意識がなく、2人は意識がある」と110番があり、県警が確認を急いでいる。

 国土交通省によると、小型機は午後2時23分に富山空港を出発。1時間ほどで松本空港に着く予定だった。

 現場は長野との県境近くで、立山町内には黒部ダムがある。近くの鉄道運営会社によると、事故当時、現場付近の山中は霧のため視界が悪い状態だったという。

 墜落したのは、単発プロペラ機のセスナ172Pで、所有しているのは茨城県龍ケ崎市に本社がある新中央航空。同社は19人乗りの別のプロペラ機を使い、東京・調布飛行場と、伊豆大島や三宅島など離島を結ぶ便を運航している。

次のニュース

小型飛行機墜落のニュース

このニュースの写真

  • 【小型飛行機墜落・動画】復路は天候悪化、それでも積雪の山越えルート選択…ボイスレコーダーなく究明難航も

関連トピックス

「産経WEST」のランキング