産経WEST

【金塊窃盗】主犯格、携帯傍受を察知か 捜査情報漏れの可能性 他容疑者への連絡方法変更

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【金塊窃盗】
主犯格、携帯傍受を察知か 捜査情報漏れの可能性 他容疑者への連絡方法変更

 昨年7月に福岡市で起きた金塊窃盗事件をめぐり、愛知県警の警察官が捜査に関連する情報を漏らした疑いが持たれている問題で、主犯格とされる野口和樹容疑者(42)=名古屋市千種区=が逮捕前、福岡県警に携帯電話を通信傍受されていることに気付いた疑いのあることが3日、分かった。和樹容疑者は傍受期間中、他の容疑者への連絡方法を一部変えており、福岡県警は秘匿性の高い捜査情報が漏れていた可能性があるとみている。

 関係者によると、和樹容疑者は今年3月ごろ、自身が傍受されているとの情報を入手。それ以降、他の容疑者らとの連絡には技術的に傍受が困難とされる無料通信アプリLINE(ライン)を使ったり、携帯電話で話す際には重要なことは伏せたりしていたという。

 福岡県警は、傍受によって容疑者側に情報を漏らした疑いのある警察官を把握できた一方で、目的の一つである金塊取引の情報源の全容解明には至らなかった。

 福岡県警は5月22日以降、和樹容疑者やその兄、直樹容疑者(43)=愛知県長久手市=ら計10人を窃盗などの容疑で逮捕している。

「産経WEST」のランキング