産経WEST

スマホや家電が五輪メダルに!? 奈良県内でも取り組み広がる

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


スマホや家電が五輪メダルに!? 奈良県内でも取り組み広がる

大和郡山市役所1階に設置されている「小型家電回収ボックス」 大和郡山市役所1階に設置されている「小型家電回収ボックス」

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、不要家電に含まれた金属をリサイクルしてメダルを制作する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を、大会組織委員会や環境省が進めている。奈良県内でも現在、大和郡山市をはじめ6市町がプロジェクトに参加。使わなくなった携帯電話やパソコンの回収を呼びかけている。

 プロジェクトは、自治体ごとに回収した小型家電から金属を取り出し、東京大会で必要な約5千個の金・銀・銅メダルを制作する「国民参画型プロジェクト」。組織委によると、大会メダルの「100%リサイクル」を目指す試みは、五輪・パラリンピック史上初といい、大会を機に資源を有効活用し、持続可能な社会の実現につなげたい考えだ。

続きを読む

「産経WEST」のランキング