産経WEST

【デビュー】「農業の魅力、伝えたい」食材販売事業を手がける農機メーカー「クボタ」社員 室園怜奈(むろぞの・れな)さん(28)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【デビュー】
「農業の魅力、伝えたい」食材販売事業を手がける農機メーカー「クボタ」社員 室園怜奈(むろぞの・れな)さん(28)

インタビューに応じるクボタの室園怜奈さん(永田直也撮影) インタビューに応じるクボタの室園怜奈さん(永田直也撮影)

 農機メーカーのクボタが来年にも、米や野菜など農作物のネット販売事業を始める。その新プロジェクトを中心になって進めるのが、同社社員の室園怜奈さん(28)だ。販売するのはクボタの農機や技術を活用する農家の作物。販路拡大を支援するのが狙いだが、原動力には「農業の魅力を消費者に伝えたい」という熱い思いがある。(板東和正)

 --農機メーカーが多様な食材を消費者に販売するのは珍しいですね

 クボタでは初の取り組みです。通販サイト「クボタべっぴんふぁーむ」を通して、新鮮な食材を産地直送で届けます。昨年11月にサイトを立ち上げて、社員向けに試験販売を始めました。クボタの製品や栽培技術で作ったお米、野菜といった農作物のほかワインなども販売していて、来年にも一般の消費者向けに事業を始める予定です。

 --農家とクボタとの関係は

 クボタは、農機の他にも、前年度の収穫量のデータから肥料の量などを調節するICT(情報通信技術)の有料サービスなどで農作業を支えています。新プロジェクトは「クボタの技術で作った食材を食べてみたい」と消費者の方に思ってもらえるようにするのが目標です。「別品(べっぴん)」は江戸時代に「特別な品」という意味で使われていました。贈り物を届けるような気持ちで、丁寧に食材を販売したいですね。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「農業の魅力、伝えたい」食材販売事業を手がける農機メーカー「クボタ」社員 室園怜奈(むろぞの・れな)さん(28)
  • 「農業の魅力、伝えたい」食材販売事業を手がける農機メーカー「クボタ」社員 室園怜奈(むろぞの・れな)さん(28)
  • 「農業の魅力、伝えたい」食材販売事業を手がける農機メーカー「クボタ」社員 室園怜奈(むろぞの・れな)さん(28)
  • 「農業の魅力、伝えたい」食材販売事業を手がける農機メーカー「クボタ」社員 室園怜奈(むろぞの・れな)さん(28)

「産経WEST」のランキング