産経WEST

「工藤会」ナンバー3ら十数人逮捕、暴力団排除の女性経営者襲撃容疑 福岡県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「工藤会」ナンバー3ら十数人逮捕、暴力団排除の女性経営者襲撃容疑 福岡県警

 北九州市で平成24年9月、暴力団排除を示す「標章」を掲げたスナックの女性経営者らを刃物で切り付けたとして、福岡県警は2日までに、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)の疑いで、特定危険指定暴力団「工藤会」(同市)ナンバー3の菊地敬吾容疑者(44)ら十数人を逮捕した。

 標章制度は24年8月、暴力団の資金源を断つため県内の繁華街で導入。県警は、あいさつ料の維持を狙った組織的な事件とみて、指揮命令系統など全容解明を進める。

 菊地容疑者らは共謀し、24年9月7日未明、北九州市小倉北区のマンション前で、スナック経営の女性の頭を刃物で切り付け、大けがを負わせた疑いが持たれている。助けに入ったタクシー運転手の男性も首や手を切られ、けがをした。女性は降車した直後だった。

40代タクシー運転手、首に生々しい傷痕…

 タクシー運転手の40代男性の首には生々しい傷痕が残り、左手は今も痛む。スナック経営の女性を切り付けた組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)容疑で工藤会幹部らが逮捕された事件。助けに入って自らも負傷した男性は「指揮系統を明らかにしてほしい」と話し、トップの関与の有無など福岡県警による全容解明を求めている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング