産経WEST

「自分が書いた」淡路・熊野神社の落書きで無職の68歳男逮捕 兵庫県警

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「自分が書いた」淡路・熊野神社の落書きで無職の68歳男逮捕 兵庫県警

枯木神社内の落書き=兵庫県淡路市 枯木神社内の落書き=兵庫県淡路市

 神社の拝殿の柱に油性ペンのようなもので落書きをしたとして、兵庫県警淡路署は2日、建造物損壊容疑で、同県淡路市内に住む無職の男(68)を逮捕した。「自分が書いた」と容疑を認めている。同市の伊弉諾(いざなぎ)神宮境内の祖霊社本殿の板壁など、先月31日から今月1日にかけて同市や洲本市の神社や寺の計17カ所で「神狐」「天狐」などの落書きが見つかっており、同署が関連を調べている。

 逮捕容疑は先月31日午後3時半ごろから今月1日午後0時55分ごろの間、淡路市王子の熊野神社拝殿の3本の柱に、赤い油性ペンのようなもので縦約10センチ、横約10センチに渡り「神狐」「天狐」などと書き、損壊させたとしている。

 同署によると、1日午後5時ごろ、淡路市志筑の路上でパトロール中の同署員が、油性ペンのようなもので「狐」と書かれたミニバイクに乗った男を発見。同署で事情を聴いたところ、犯行を認めたという。

このニュースの写真

  • 「自分が書いた」淡路・熊野神社の落書きで無職の68歳男逮捕 兵庫県警
  • 「自分が書いた」淡路・熊野神社の落書きで無職の68歳男逮捕 兵庫県警
  • 「自分が書いた」淡路・熊野神社の落書きで無職の68歳男逮捕 兵庫県警
  • 「自分が書いた」淡路・熊野神社の落書きで無職の68歳男逮捕 兵庫県警

「産経WEST」のランキング