産経WEST

ハス群生地「再生は事実上不可能」 草津市の琵琶湖 消滅受け研究者が調査

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ハス群生地「再生は事実上不可能」 草津市の琵琶湖 消滅受け研究者が調査

すき間もないほどハスが生い茂っていた以前の群生地=平成16年7月、滋賀県草津市 すき間もないほどハスが生い茂っていた以前の群生地=平成16年7月、滋賀県草津市

 全国有数のハスの群生地だった滋賀県草津市の琵琶湖で昨年、原因不明のままハスが「消滅」した問題で、市の依頼を受けて調査した研究者が「人間の力で、短期間のうちに群生地を復活させるのは事実上不可能」との見解を示していることが分かった。

 熱気球の「観光フライト」や、モーターボートの「ハスクルージング」などで多くの観光客を集め、観光産業として期待されていたが、調査結果をまとめた報告書は自然の力を主として「長期間にわたる対応」を求めており、打撃は避けられなさそうだ。

 ハスが群生していたのは同市の烏丸半島の周辺一帯(広さ約13ヘクタール)。昨年ハスが急に姿を消し、市などが調査に乗り出していた。同市はさらに再生の可能性を探ろうと、最初の調査には加わっていなかった「滋賀自然環境研究会」代表の小林圭介・滋賀県立大名誉教授らに調査を依頼した。

粘土質が砂地に

 小林名誉教授らは、約20年前の調査結果などとも比較し、消滅理由として、湖底の泥の中のメタンガスが増えた▽湖底の土壌が、ハスの生育に適した粘土質から砂地に変化した-ことなどを新たに指摘。要因が複合的に関連していることもあって「(ハスが生育できる)諸条件をかつての状態に戻すことは不可能」などとする報告書をまとめた。

続きを読む

このニュースの写真

  • ハス群生地「再生は事実上不可能」 草津市の琵琶湖 消滅受け研究者が調査

「産経WEST」のランキング