産経WEST

「任侠団体山口組」トップの出身母体を捜索 大阪府警、新組織の実態解明へ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「任侠団体山口組」トップの出身母体を捜索 大阪府警、新組織の実態解明へ

山口組分裂を巡る経過 山口組分裂を巡る経過

 風俗店経営者の男性を脅したとして、指定暴力団神戸山口組直系「山健組」系会長の東野毅容疑者(48)ら3人が暴力行為処罰法違反の疑いで逮捕された事件で、大阪府警捜査4課は1日、東野容疑者が率いる大阪市内の団体事務所などを家宅捜索した。

 神戸山口組をめぐっては4月末、東野容疑者ら一部幹部が離脱し新組織「任侠(にんきょう)団体山口組」を結成しており、家宅捜索を受けた団体は新組織トップに就いた織田絆誠(よしのり)代表(50)の出身母体。織田代表がかつて仕えた神戸山口組の井上邦雄組長の名に因み、事件当時は「邦道連合」という名称だったが、離脱騒動後に「絆連合」と改められた。府警は騒動の経緯や新組織の実態解明を進める方針。

 この日午前10時半すぎから約1時間にわたり、府警の捜査員16人が団体事務所を捜索。パソコンや名簿などを押収したが目立った混乱はなかった。

「産経WEST」のランキング