産経WEST

犬専用「おっとっと」、猫向け液状スイーツ…「ペットにおやつは無用」は今や昔、ペットフード市場で“おやつ戦争”激化

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


犬専用「おっとっと」、猫向け液状スイーツ…「ペットにおやつは無用」は今や昔、ペットフード市場で“おやつ戦争”激化

独り占めニャ! 猫用おやつの数々。液状のものがトレンドだ 独り占めニャ! 猫用おやつの数々。液状のものがトレンドだ

より“グルメ志向”に 健康にも配慮

 昨年秋に参入したのは、「キャネット」シリーズのペットライン(岐阜県多治見市)と、「銀のスプーン」のユニ・チャーム(東京都港区)。

 ペットラインは「ぺろリッチ」の名で子猫用2種類、成猫用8種類の計10種類。猫をあきさせない味づくりと、少女漫画のようなイラストを添えたパッケージのかわいさにこだわりがのぞく。  

 ユニ・チャームは「銀のスプーンおいしい顔がみられるおやつ」シリーズとして、魚の身をまるごとすりつぶした「とろ~り」と、魚のうまみがとけこんだジュレにかつお節などを混ぜた「ジュレ」で8種類を展開。「10歳が近づくころから」といったシニア用では高齢猫の健康維持を考慮し、ビタミンE・B群を調整している。

 一方、「ご褒美スイーツ」のコンセプトを掲げて今年3月、「モンプチ ピューレKISS」(6種類)を発売したのは、ネスレ日本(神戸市中央区)。マンゴーやアップルといった本物の果肉などを「つぶつぶ」食感に仕上げ、まぐろやささみのピューレにちりばめた2つの食感のハーモニーが特徴。猫の体にやさしいスイーツという新機軸を打ち出した。

ペット市場に衝撃「おっとっと」…森永コラボ開発、犬70匹に“試食”

このニュースの写真

  • 犬専用「おっとっと」、猫向け液状スイーツ…「ペットにおやつは無用」は今や昔、ペットフード市場で“おやつ戦争”激化
  • 犬専用「おっとっと」、猫向け液状スイーツ…「ペットにおやつは無用」は今や昔、ペットフード市場で“おやつ戦争”激化
  • 犬専用「おっとっと」、猫向け液状スイーツ…「ペットにおやつは無用」は今や昔、ペットフード市場で“おやつ戦争”激化
  • 犬専用「おっとっと」、猫向け液状スイーツ…「ペットにおやつは無用」は今や昔、ペットフード市場で“おやつ戦争”激化

「産経WEST」のランキング