産経WEST

駆除の鳥獣水増し 報酬の不正取得相次ぐ 仕留めた1頭の写真、角度を変えて複数に見せかけ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


駆除の鳥獣水増し 報酬の不正取得相次ぐ 仕留めた1頭の写真、角度を変えて複数に見せかけ

 捕獲した1頭のイノシシを複数に見せかけた写真(鹿児島県霧島市提供)  捕獲した1頭のイノシシを複数に見せかけた写真(鹿児島県霧島市提供)

 農水省は支給時に自治体職員の現地確認を基本としつつも捕獲が早朝であることに配慮し、写真を認めている。これが悪用された霧島市は、撮影時に個体を同じ向きにしてペンキで番号を付けることを義務化した。

 一斉調査は報酬を支払う市町村などを対象とし、5月末までに従来の確認方法や自主的な改善点の報告を求める内容。同省の担当者は「捕獲数の水増しは被害を減らす趣旨に反している」と話し、結果を分析して運用の厳格化を促す考えだ。

「産経WEST」のランキング