産経WEST

肺がんの妻放置、死亡…70歳夫逮捕 保護責任者遺棄容疑 大阪・枚方

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


肺がんの妻放置、死亡…70歳夫逮捕 保護責任者遺棄容疑 大阪・枚方

 肺がんの妻(72)を自宅に放置したとして、大阪府警枚方署は30日、保護責任者遺棄容疑で同府枚方市牧野北町の無職、中村馨容疑者(70)を逮捕したと発表した。妻は今月23日、自宅で死亡しているのが見つかった。同署は同遺棄致死容疑を視野に調べている。

 逮捕容疑は5月、自宅の府営住宅の一室で、肺がんの妻、二三子さんが動かなくなったにもかかわらず、そのまま放置したとしている。「どうしていいか分からなかった」と容疑を認めているという。

 同署によると、中村容疑者は二三子さんと2人暮らし。中村容疑者は23日以降、所在が分からなくなっていたが、29日夕に署員が自宅にいるのを見つけた。

▼【関連ニュース】肺がん800万円、ぜんそく50万円、妊娠200万円…医療保険35倍でもトランプ米大統領に〝熱狂〟の先は

「産経WEST」のランキング