産経WEST

【衝撃事件の核心】「横綱」は数百万円? 金品飛び交うメジロ鳴き声バトルのウラ 愛好家12人の自宅を捜索すると…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「横綱」は数百万円? 金品飛び交うメジロ鳴き声バトルのウラ 愛好家12人の自宅を捜索すると…

小鳥の鳴き声の美しさや回数の多さを競う「鳴き合わせ会」。高齢者を中心に愛好家は全国に約1万5千人いるとされる。番付が「横綱」のメジロなら数百万円で取引されることもあるという(一部画像は全国野鳥密猟対策連絡会提供) 小鳥の鳴き声の美しさや回数の多さを競う「鳴き合わせ会」。高齢者を中心に愛好家は全国に約1万5千人いるとされる。番付が「横綱」のメジロなら数百万円で取引されることもあるという(一部画像は全国野鳥密猟対策連絡会提供)

 「チィチィチィチィ…」。かわいい鳴き声で人間を癒やしてくれるメジロ。その鳴き声の美しさや回数の多さを競う「鳴き合わせ会」というイベントをご存じだろうか。5年前から、国産メジロを新たに自宅で飼育することが禁じられたが、愛好家は高齢者を中心に約1万5千人いるとされ、中でも大阪は全国大会が開かれるほどの「本場」だ。優勝したメジロは数百万円の高額で取引され、暴力団の資金源となっていたこともあるという。そんなメジロをめぐる強制捜査が表面化した。国産メジロを自宅で違法に飼育している疑いがあるとして、大阪府警が5月、鳥獣保護法違反容疑で、府内の愛好家12人の自宅を捜索し、メジロ約170羽を押収したのだ。〝優秀〟なメジロを入手しようと密猟も横行し、「動物虐待」との声も聞こえる鳴き合わせ会の実態とは。(井上浩平)

元メンバーが情報提供

 「自分はやめたのに、今も鳴き合わせ会を楽しんでいる者がいる。不公平で腹が立つ。許せない」

 野鳥の密猟対策に取り組む京都市の市民団体「全国野鳥密猟対策連絡会」(密対連)に1月下旬、かつて鳴き合わせ会に参加していたという人物から匿名の情報が寄せられた。

 この人物が指摘する鳴き合わせ会は、毎年1~4月の日曜日、堺市西区の「浜寺船尾会館」で開催されていたものだ。鳴き合わせ会自体を取り締まる法令はないが、これほど怒りの声を上げるのは、競技で使われる国産メジロの飼育が原則、鳥獣保護法で禁じられているからだ。

 府警によると、国産メジロは平成24年3月までに市町村に登録していれば、1年ごとに登録を更新して1世帯1羽まで飼うことができる。同年4月以降は新たに飼うことが禁じられたが、多数の国産メジロを違法に飼育するケースが各地で横行していた。

続きを読む

「産経WEST」のランキング